ベビーカー タイプ 違い 対面式 背面式 バギーそれぞれの異なった点とは

ベビーカーのタイプの違い!対面式・背面式・バギーそれぞれの異なった点とは?

ベビーカーを探していると、ベビーカーのタイプの違いが気になると思います。

 

実際にショップページなんかを見ていると、対面式・背面式・バギーなど様々なタイプのベビーカーがあるということに気が付くと思います。

 

これらの違いについては、ざっくりと説明すると、対面式はA型ベビーカーで、新生児(1ヶ月)から使うことが出来る背もたれを倒して寝かせることが出来るベビーカーです。

 

A型のベビーカーは、首がすわっていない赤ちゃんが使う為に、クッション性が優れていて、高さが高く、幅も広く、ハンドルを背面式に切り替えて使うことができたりなどと、様々な機能のついたハイテクベビーカーです。

 

昔はA型と言えば重いというのが当たり前でしたが、最近ではA型であっても軽いですし、コンパクトになっていて、両対面で使うこともでき、価格もリーズナブルになって来ています。

 

子供が小さい内からベビーカーを利用する場合は、A型を選ぶ様にしましょう。

 

 

 

背面式ベビーカーは、B型ベビーカーと言われていますが、このベビーカーは大体腰が座った7ヶ月頃から使い始めることが出来るベビーカーです。

 

子供が大きくなって来ると、対面にしなくても子供は寂しくて泣いたりしませんし、子供の様子をずっと見ている必要も無くなって来ます。

 

 

また、子供も景色を見て楽しんだり、外の世界にも興味を持ち始めますから、大きくなると背面式ベビーカーが主流となります。

 

 

B型ベビーカーは一般的に、対面に切り替えて使うことは出来ず、寝かせたりするリクライニング機能もついていません。

 

A型に比べると作りがシンプルですから、高さも低く、軽量でコンパクトで、持ち運びに便利なベビーカーです。

 

価格もその分リーズナブルになっています。

 

 

7ヶ月以降でベビーカーを購入する場合は、B型のベビーカーを選ぶ様にしましょう。

 

 

 

これらに加えてバギーというものがありますが、バギーは、B型のベビーカーをもっと簡素にした作りのベビーカーです。

 

イメージとしては、旅行などをする際に、出先まで持っていって、そこで使うという様な用途のベビーカーです。

 

 

あくまでも簡易ベビーカーですから、B型のベビーカーよりもクッション性が低く、更に軽量・コンパクトに作られていますから、価格はかなり安いです。

 

 

A型やB型のベビーカーを普段は使って、ちょっと出かける際や遠出の際のセカンドベビーカーとしてサブで利用するというのが一般的な使われ方になります。

 

 

 

ベビーカーのタイプの違いはこのように様々なものがありますが、使い始める月齢によってA型・B型と変わりますので、そこを抑えておけば難しくも無いと思います。

 

 

A型とB型どちらを使うのかに関しては、A型をずっと使い続ける人、頃合を見てA型からB型に買い換える人・A型からバギー・B型のみなど人によって様々です。

 

 

どういう使い方が良いのかは、ベビーカーをどれ位使うのかにもよりますから、そこを考えて選ぶ様にした方が良いと思います。

 

 

また、べビーカーはどうせ買うなら早い方が便利でお得です。

 

 

A型を買うつもりなら1〜2ヶ月頃から買う様にした方がフルで使えますし、ベビーカーにも慣れると思いますから、導入は早い方が良いと思います。

 

第二子・第三子と出産予定がある場合も、二人目・三人目で使えますから、早くから導入してフルで使うようにした方がお得です。

 

 

ベビーカーは子供との移動を楽にしてくれる便利アイテムですから、無理しておんぶで乗り切ろうなんてやっていたら腰や体を痛めかねません。

 

体を壊してしまったら、おむつ替えやその他の育児に支障を来すことになってしまいます。

 

体を壊したからといって子育ては辞めることも休むことも出来ませんから、そうならない様に、必要な育児アイテムは揃えるようにしましょう。

 

 

疲れずストレスを少なくするというのは育児においてかなり大切なことでもありますので、便利アイテムを上手く活用して、上手に育児を続けて行くようにしましょう。

【⇒楽天ネットベビー売れ筋ランキング!】