自分 生活様式に合わせたベビーカー選び 購入時 失敗しない秘訣

自分の生活様式に合わせたベビーカー選びをするのが購入時に失敗しない秘訣!

私が購入したベビーカーは、アップリカのB型軽量のベビーカーです。

 

長女が腰が座るまでは、友人からいただいたA型のベビーカーを利用するつもりでしたが、実際はエルゴで出かけることが多かったので利用回数は少なかったです。

 

 

しかし、生後半年を過ぎると、子供の体重も重くなりエルゴだけではきつくなってきたため、B型の軽量ベビーカーに頼ることになりました。

 

 

 

 

軽量ベビーカーの魅力は、片手でさっと開いたり閉じたりでき、自立して置くことができることです。

 

電車などに乗るとき、子供を抱き上げ、ベビーカーを閉じるときも簡単です。

 

 

私の場合、車で移動することが多く、ベビーカーをトランクから出したりしまったりする機会が多かったので、軽くて簡単に扱えるものが欲しかったので本当に便利でした。

 

ベビーカーの魅力は、移動が楽ということはもちろんですが、子供が揺れで寝てくれるのが一番嬉しいです。

 

 

エルゴなどでも赤ちゃんは寝ますが、抱き続けるのは辛かったり、おろすときに起こしてしまうこともあるので、ベビーカーで寝てくれるのがママにとっては1番ありがたいです。

 

散歩の帰りに寝た時などは、そのまま玄関に入って、少し寝せていた覚えもあります。

 

 

我が家では長男が産まれたので、長女は3歳前にベビーカーは卒業しましたが、長男がいまは乗っていて、長く使うことができていると感じます。

 

 

 

我が家ではこの軽量ベビーカーがぴったりでしたが、例えば、車などは利用せず、保育園まで毎朝ベビーカーで送り迎えをするというようなママはタイヤが大きめのものとか動かしやすいと感じるベビーカーがいいかもしれません。

 

私が利用するのは店内とか、ベビーカーを動かしやすいところが主だったのですが、たまに道の悪い公園や、線路などを通るときにひっかかることがありました。

 

 

それが悪いということではないのです。

 

 

私のベビーカー選びでは軽くて扱いやすいが大前提だったので、動かしやすいからといって、ベビーカーが大きくなったり、重くなったら満足できないのです。

 

何が言いたいかというと、自分がどんな場面でベビーカーを利用するかで、どういうタイプのベビーカーを選ぶかが変わるということです。

 

 

 

やはり軽いベビーカーと重いベビーカーではそれぞれ良い点・悪い点が違っていますから、悩まれる方は多いと思います。

 

しかし、持ち上げる必要があったり、軽くないと使えないということであれば、操作性よりも何よりも軽いことを重要視した方が良いと思います。

 

 

実際にそうやって操作性二の次で軽量ベビーカーを選ぶ方は多いです。

 

ベビーカーは致命的な使いにくい欠点があると段々使うのが嫌になり、しまいには使わなくなってしまいます。

 

 

そういう事にならない様に、日常利用で困らないベビーカーを選ぶ様にしましょう。

 

 

【⇒楽天ネットベビー売れ筋ランキング!】