ベビーカー リクライニング いつまで

ベビーカーのリクライニングタイプはいつまで使う?B型の買い替え時期は?

ベビーカーのリクライニングタイプはいつまで使うの?ということが気になっている方もいると思います。

 

リクライニングタイプはA型やAB型のベビーカーですが、リクライニングの角度を起こして使ったり、B型・バギーに切り替えるのは、7ヶ月頃〜歩きはじめる頃がチェンジするタイミングです。

 

 

両対面式・AB型をそのまま使う場合は、徐々に角度を起こして利用したり、ベルトが邪魔な場合は外して使ったりという風にそのまま使い続ける方もいます。

 

 

リクライニング機能は、子供が大きくなれば不要な機能となりますので、7ヶ月〜1歳位で頃合を見てB型やバギーに買い換えるという方もいます。

 

 

このどちらを選ぶのかは、使いやすいと感じる方を選べば良いと思います。

 

 

 

B型ベビーカーやバギーはA型AB型に比べて価格が安価ですから、買い換えても良いと思います。

 

やはり、余計な機能のついていないベビーカーはコンパクトですし、軽いですし、持ち運びがしやすく大きくなった子供用としてかなり使いやすく出来ています。

 

 

子供が大きくなったら、歩きたがりますから、ベビーカーは不要だと思うかもしれませんが、そうは言っても子供は加減なく遊んで疲れたらどこでも寝てしまいます。

 

寝ても抱っこで運べれは良いですが、大きくなった子供はもう簡単に抱っこすることは出来ませんし、体に掛かる負担もかなり大きいですから、無理をすると腰を痛めてしまう危険性もあります。

 

 

そんな時の為にベビーカーは準備しておいた方が良いと思います。

 

そういう用途には断然A型・AB型のベビーカーよりもB型やバギーが向いていますし、実際にそうやって使っている方は多いです。

 

 

子供が大きくなると、遠出する機会も増えて来ます。

 

そして出先で寝るということも多くなりますから、不安に感じるのであれば、備えておく方が良いと思います。

 

 

折角観光に行った先で子供が寝て立ち往生してしまったという例は沢山ありますので、そうならない様に対策しておでかけする様にしましょう。

 

 

 

また、リクライニング機能は、子供が寝てしまった時に背もたれを倒して使うという使い方も出来ますので、そういう風に使っても良いと思います。

 

 

腰掛けタイプのベビーカーだと、子供が寝ると首がかっくんとしてしまいますが、リクライニング機能があればそうした心配はありません。

 

 

ベビーカーの使い方は様々ですから、良いと思う方法を選んで利用する様にしましょう。

【⇒楽天ネットベビー売れ筋ランキング!】